会長挨拶

日本空手道徒利無松尾会長 川本泰弘

日本空手道
徒利無松尾会長
川本 泰弘

日本空手道徒利無松尾は、昭和40年京都松尾の地で誕生いたしました。発足当初は桂川松尾橋の袂で数名の同志と共に野稽古の日々でした。大学で空手道を学び、卒業後も継続して修行を続けたいとの想いからスタートいたしました。

昭和43年には、西光寺延朗堂の一角にプレハブの道場を構え一層稽古に熱が入りました。当時は日本空手道正剛館京都松尾道場として活動し、様々な大会に出場をし始めました。この頃より、空手道が近代化され始めた時期でもあります。

昭和44年には少年部も発足し、現在の体制の礎となってまいりました。後に選手コースもスタートし、青少年への空手道の普及に努めてまいりました。志水亮介氏(京都両洋高校~京都産業大学、元ナショナルチーム主将、第5回アジア選手権大会優勝)を始め、数多くの選手を檜舞台に送ることができています。

昭和56年には空手道が国民体育大会、63年には全国高校総体(インターハイ)に正式種目として採用され、スポーツとして社会に幅広く認知されました。府立洛西高校・京都両洋高校・東朋モード工科専門学校等の学校関係への指導にも携わり、高体連・学連の大会にも選手を送り出すことができています。

平成の時代に入り、空手道はオリンピック参加を目指し、目まぐるしく変化・発展を遂げてまいりました。当会を巣立った選手たちが高体連・学連で活躍し、又指導者として各方面で活躍し始め現在に至っております。

平成27年には、当会は創立50周年を迎えることとなります。この節目に際しまして、当会の活動を幅広く知っていただくべく、今般ホームページを立ち上げた所存でございます。

合掌

【会長プロフィール】

日本空手道徒利無松尾会長首席師範八段
全日本空手道連盟公認 錬士 七段

京都府空手道連盟 顧問

京都市空手道連盟 副会長

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 会長挨拶
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip